アーチェリーでメンタルが強ければ勝てるのか?

アーチェリーはメンタルスポーツとも言われますが、メンタルが強ければ勝てるのでしょうか?

 

アーチェリーのメンタルで大切なのは、常に平常心で射つこと。これはどんなスポーツ競技でも共通していることです。

アーチェリーのメンタル

 

特にアーチェリーにおいては、平常心で射つというのはなかなか難しいものですよね。

 

 

どうしても狙いを迷ったり、最初の方の矢を外してしまうと、後の矢に影響が出てしまったりと、そういうことがどうしてもあります。

 

特にリリースのところで合わせに行くことになりがち。そうなると射型が縮こまってしまいます。

 

思いきって、ズバッと射つことがアーチェリーは非常に大事だと思うので、勇気を持って、思い切って打つということもメンタル面でアーチェリーには必要なことかと思います。

 

 

また、射に関してはあまり完璧を求めすぎると、かえって緊張してしまって、うまくいかない場合があります。
なので、ある程度はリラックスして射つということも重要です。

 

試合ではどうしても不安になったりするものですが、不安を取り除くために、射についての動作目標を1つか2つ作るといいと思います。

 

例えば、あまり細かいことは気にせず、「とにかく押し手と引き手の流れを考えて打つぞ」というように流れを持って打つとか、あるいは「押手の肩の位置を安定させる」とか。

 

 

要は、どこか一つのところに集中して、それを意識してそれをやらないというようにすると、試合での緊張やプレッシャーにも負けないで射つことができたりするんですね。

 

とは言え、メンタルだけ強くても、技術がともなわなければアーチェリーで点数を出すことはできません。

 

また、技術があっても体力が不足していても技術が続かす結果をだすことはできないでしょう。

 

 

そのように考えると、アーチエリーは心技体の総合力が必要ということが言えると思います。

 

ちなみにメンタルのレベルアップは、とても難しく、何年もメンタルトレーニングしても、試合の状況で一瞬にしてその努力が無になってしまうこともあります。

 

なので、アーチェリーで結果を出していない選手であれば、レベルアップ対策として強化すべきは、技術と体力の向上がもっとも効果的で確実な方法でしょう。

 

TOPへ