引き手が首から離れる

アーチェリーで矢の的中はリリースを安定させることが大切です。
その為にはリリース時に引き手の人差し指を首に沿わせておくようにすることがポイントです。

 

ハイスピードカメラの映像

 

初心者の方に多いのが、矢を放ってすぐに引き手が弧を描いて、手のひらが首から離れてしまう方がいます。
これでは矢が左右に散ることが多くなってしまいます。

 

 

その為、肘をしめて手首を首に近づける意識をを持っことが大切です。

 

 

また、クリッカーの合図で指の緊張を解いて、矢を放つ動作がリリースになりますが、矢を放った後の引き手はリラックスした状態を維持しながら首に沿って後方へとスムーズに滑らせるようにさせましょう。

 

 

リリースは意識的に指をは離すというよりも、指の力を抜くということが大事です。実際に弦は力を抜いた瞬間にほとんど飛び出しています。
これは実際にハイスピードカメラでその状態の時を見てみるとわかります。

 

 

更に、弓のポンドが強すぎたり、矢尺が長すぎてしまうと、サイドピンが黄色で保てなくなりクリッカーが切れないということも。
そのような場合では、ポンドを下げるかクリッカーの位置を見直すと良いでしょう。