タブのカット

タブのカットが上手く出来ていますか?
アーチェリーでは、矢に弓をつがえて放すというスポーツなので、引き手には弦を引く為のタブをつけます。

 

 

皮の形や厚さにはいくつかの種類があり、手の大きさによってS・M・Lなどのサイズがあります。
また、金属タブもありますが、良くないフォームになることもあるので安易に使うのはおすすめしません。

 

 

ただ、タブは大きめに作れていることがあるので、そうした場合はカットしないと余分な皮が弦にあたるなど、不具合が生じ不利になりかねません。
切り詰め方は人それぞれですが、一般的には初心者の方なら、とりかけた時にタブの皮が指からはみ出さないようにカットするのがいいでしょう。

 

 

短く切りすぎると指の先端が弦に擦ってしまいますし、長すぎると引っ掛かってしまいますが、気をつけなければいけないのは、タブの裏側の皮を表のコードバンより2ミリ程度長めに切ることです。
また、新しいタブは、万力などを使って折り曲げて、毎回同じところに弦が当たるようにしておくと良いでしょう。

 

 

ただ、どんな皮のタブでも磨耗するので、深い溝やでつぱりをつけたら 点数が全く振るわなくなります。
いずれにしても、タブはあくまで引き手の指を守る道具なので、的中率云々は使用者本人の使用感が大きいです。

 

 

正しくフォームが出来ていれば、どんなタブを使おうと点数が出ます。

 

 

元・慶應義塾大学洋弓部監督 佐藤達也監修のアーチェリー上達革命DVDでは、ちょうどいいタブになる切る方法から、矢筋が通った正しい理想のフォームまでしっかり学べます!

 

驚くほど的に当たる、テクニックが身につく!

 

アーチェリー上達革命の詳細を見てみる

 

 

関連ページ

ハンドルの選び方