アーチェリーの基本フォーム(射型)

アーチェリーの基本フォームは、スタンス、ノッキング、鶏懸け、グリップ、セット、セットアップ、ドローイング、アンカーリング、フルドロー、リリース、フォロースルの11の動作に分かれます。
最終的には、これらの動作がスムーズに出来ることが大切です。

 

安定したシューティングは、高得点に直結するので、自分に適した射型を身につける為にも、まずはアーチェリーの基本フォームをしっかりマスターしましょう。

アーチェリーの基本フォームについて記事一覧

アーチェリーのスタンスを疎かにしていませんか?アーチェリーは、一定の場所から決められた的に矢を放つという競技の特性があることから、立ち位置を決めるスタンスはとても重要になってきますね。そもそもスタンスは、的に対して正しく立つのはもちろんですが、シューティングでの上半身の動きにも差し響いてくるのです。そんなアーチェリーのスタンスには、大きく分けて、ストレート、オープン、クローズドスタンスの3つがあり...

ノッキングはアーチェリーで矢を弦につがえる動作ですね。簡単な動作とは言え、得点を生み出す矢は羽の向きはもちろん、ノックへのハマり具合をチエックしながら、慎重にしっかり弦に固定することが大切です。そして、矢をつがえるノッキングポイントは、位置や大きさ、2つの間隔などの要素の全てが的中に影響してくるので、自分に合った適正位置などを見つけて自分で作りましょう。とは言え、アーチエリー初心者は、自分に合った...

アーチェリーの取り掛けでの正しい指の使い方が出来ていますか?取り掛けは弦に指をかける動作で、引き手の中心となるスキルになるので手と指の正しい使い方を身につけることが大切ですね。そんな取りかけは、弦を掛ける位置によってノーマル、深掛け、浅掛けの3つ種類に大きく分けられます。もっとも標準的なノーマルの取り掛けは、薬指は第一関節、中指と人差し指は少し第二関節寄りにかけるものでしょう。適度に指を曲げて弦を...

アーチェリー のグリップの握り方はどのようにしていますか?グリップは弓の中心部分のハンドルを握る動作になり、グリップの握り方や位置で、引き尺や射型まで変わってしまうので、毎回同じにすることは、シューティングの安定に繋がりますね。理想は押し手に余分な力が入らず、リラックスした状態を維持するのが良いと言われています。そして、グリップの握り方は、手のひらが当たる位置によって、ミディアム、ライト、パワーの...

アーチェリーで的に狙いを定める動作であるセットがしっかり出来ていますか?特にアーチェリー初心者はこの動作を軽く考えがちですが、セットはフォロースルーまでのシューティングの流れの起点となることから、とても重要です。また、体が反って腰が前に出てしまうなど、悪いセットになっている高校生の選手も見受けられますね。体が反らないようにする為には、重心を少し前にかけ、足の裏の最も幅が広いあたりのつま先近くに、重...

正しいセットアップの動きが出来ていますか?セットアップは、アーチェリーの弓を持ち上げる動作になり、弓を押し手で持ち上げる、弦を引き手で引くという動作を同時に行います。この時に、左右の腕の力を同じにして、弓は傾けず垂直に真っ直ぐに持ち上げ、矢はほぼ平行にすることが大切で、これを怠ると射型が崩れてしまいかねません。そして、肩を落として両肘を上げ、矢を3分の1程度引いた状態にして、一旦止め、そこで肘を張...

ドローイングがしっかり出来ていますか?アーチェリーのドローイングとは、セットアップされた弓を左右均等に引き分け、弦を顎の位置まで引く動作になりますね。したがって、基本的には押し手(左手)と引き手(右手)の力が同じになるようにすることです。とは言え、多くの人は左手より右手の力が強いので、押し手7、引き手3ぐらいの気持ちで行うと良いとも言われています。どちらにしても、セットで確保した重心をずらさいよう...

顔に引手を固定するアンカリングをしつかり行っていますか?ローアンカーは引手の人差し指のポイントが顎の下、もしくはその近辺に固定して打つ射法になり、弦は鼻、唇、顎の三点に触れるようにするのが一般的です。そして、アンカーにはいくつかの注意点があります。まず、弦を鼻につけることですが、付かないような人は無理に行わないようにしましょう。ですが、弦に鼻をつけようとして、顔の角度が変わったりすることがあるので...

弦サイトの重要性を理解していますか?アンカーが終わったら弦サイトを合わせますが、顔を向けるのを常に一定にする為に、弦を弓の一部に合わせる動作になり、アーチェリーが上達する上では不可欠な技術です。実際に弦サイトは少しずれただけでも、当たる位置が大きく変わってしまうことが多いものです。前の射では中央に飛んだのに、今度は左に大きくずれてしまったなど、このように的からずれてしまう原因としては弦サイトが正し...

フルドローは、ドローイングからの一連の流れで、リリースまで繋がっている動作になり、静から動への分岐点とも言えますね。感覚的言えば、無限の伸び合いであり、体はもちろんのこと、精神、弓、矢が渾然一体になって満を持して、的中という目的を達する為に発射に適した機会を熟させる頂点と言えます。そして、理想的なフルドローの射型は、アンカー終了後に体が前後に傾斜しすぎず、両方の肩が下がり、体のどこにも力みがなく、...

リリースが上手く出来ていますか?アーチェリーのリリースは、フルドローからエイミング、伸び合い、そして精神を集中させて気力が充実したところで、矢を放つ瞬間的な動作になりますね。その為、それまでの基本の動作の善し悪しが現れるとも言え、矢の的中にも大きく影響を与えます。また、それまで正し動作が出来ていても、リリースの仕方しだいでそれまでのバランスが崩れてしまうので注意が必要です。良く見られる悪いリリース...

アーチェりーのフォロースルーとは、フルドローの際の力がリリースに影響して、最後の静止した状態のことですね。その為、打ったショットの結果が現れます。アーチェリが上達する為には、一射ごとに自分のフォロースルーを確認し、振り返って反省し、問題点見つけて次の射に生かすことが大切です。そして、理想的な正しいフォロースルーは、フルドローでの時と両肩の位置が同じラインになっている状態で、矢のラインの真後ろに引き...